放射線治療で難病もなんのその|心の底から安心できます

家族

免疫力を高める治療

看護師

病気を予防するために免疫力を上げることは大切ですが、特にがん治療において、免疫力の大切さがさかんに議論されています。実は私たちの身体には普段から異常に分裂している細胞、つまりがん細胞と同等のものが、常に数千個存在すると言われています。これらがどうしてがんに変化しないかというと、私たちの体の免疫機構が退治しているからに他ならなないのです。こういった事実によって、免疫力を上げることががん治療には有効なのではないかという視点で始まったのが、免疫治療です。現在では様々な研究によって、免疫力について新しい発見が次々とされていて、それに伴って免疫治療の効果もどんどん高くなっています。海外では、すでに免疫治療が正式ながん治療の方法として認可されています。

現在、日本で一般的に知られているがん治療は外科手術、化学療法、放射線治療の3つですが、海外では免疫治療が第4の治療法として積極的に利用されています。日本でもより良い治療法を開発しようと、免疫治療の分野はとても研究が活発です。免疫治療は、従来の治療法とは大きく異なる特徴を持っています。人工的な外部からの力でがんを治療するのではなく、患者自身が元々持っている免疫力を最大限に利用するという特徴があります。その為、何よりも従来の治療法に比べて、身体への負担がとても少なくなっています。また、手術などのような速効性は無いものの、細胞が常駐する限りこの治療の効果はずっと続きます。ですから体内に癌細胞が残っていてもすぐに免疫治療によって強化された免疫細胞が攻撃してくれるので、再発の防止にも効果的なのです。