人間関係の悩み解消に

ろうそく

相性が存在する理由

誰しも自分の運勢を知りたいものですが、数ある占いの中でも九星気学はシンプルなのに的中率の高い特徴を持っています。九星気学とは元々昔の中国から伝わった占いなどを、進化させてきたものです。生まれ年から一白水星や二黒土星のように9つのタイプに振り分けられるのですが、それぞれのタイプが示す特徴は驚くほどにピタリと当てています。運勢を知りたい場合は、生まれ年ごとに変わる本命星を知る必要がありますが、ここで注意しなければならないのが1月1日〜2月3日生まれの人です。九星気学では、1年の始まりを立春であると定めています。その為、誕生日が上記の間に当てはまる人の場合は、前の年を見なければなりません。タイプを間違えると、せっかくの運勢も見逃してしまうからです。九星気学の特徴として知られているものに、相性があります。よく自分と相手との相性が良い悪いと感じることがありませんか。この相性という呼び方は九星気学からきています。五芒星の形に9つのタイプが割り振られ、それぞれの対角線上に位置しているタイプ同士には火、水、風、土、金のいづれかを司ります。火は金に強く水に弱いといった、それらの関係性から別のタイプとの相性が良いか悪いかがわかるのです。仮に相手との相性が悪い場合でも心配することはありません。相手のタイプがわかれば、その特徴を知ることができますから付き合い方に悩まなくて済むようになります。たった9つの中で運勢を知ることができる九星気学に興味を持ったなら、一度は占ってみてください。特に人付き合いの悩みの手助けに力を貸してくれることでしょう。