放射線治療で難病もなんのその|心の底から安心できます

家族

転移や再発防止に最適

医者

免疫療法は従来の治療法に次ぐ第4の治療法としてとても注目され、盛んに研究がおこなわれている治療法です。従来の外科手術、化学療法、放射線治療は治療をした時点ではがんにたいして効果があるものの、治療を終了した時点でがんに対する効力は無くなります。一方、免疫療法は免疫力を高める為に免疫細胞を強化させるのが治療の手段です。免疫細胞は一日や二日で消えるのではなく、常駐することになります。つまり体内に癌細胞が発生した場合生き続ける限りは攻撃してくれる、持続力があるというのが他の治療法とは大きく違う部分です。このため、免疫療法は転移や再発に対して唯一効果がある治療法だとされています。こういった点からも免疫療法は画期的な治療法だとされているのです。

免疫療法はずっと同じような手段で行われていたわけではなく、今までの研究によってよりよい効果をもたらすため様々に変化してきています。最初の免疫療法はとにかく免疫細胞の数を増やすという方法が取られましたが、これではがんに対しての攻撃力はそれほど飛躍的に増加しませんでした。それが90年代に免疫細胞ががんを分析して攻撃しているという事が分かり、がんの情報を免疫細胞にインプットすることでよりがん細胞への攻撃に特化した免疫細胞を精製する方法へと変化しており、現在ではこちらが主流になりつつあります。また、樹状細胞という免疫細胞に対する司令塔の役割をする細胞にがんに対する情報を与えるという手段も開発され臨床実験が行われています。