放射線治療で難病もなんのその|心の底から安心できます

家族

自然に近い治療方法

女の人

自由診療のため生じる差異

NK細胞療法は保険適用外診療(自由診療)であるため、医療費が全額負担になります。そのため治療費は高額になり、さらに病院によって金額の幅が出ることになります。自身の疾患の状況や、治療に割ける資金等をよく考えた上での病院選びをすることをお勧めします。また金額だけでなく治療に用いられるNK細胞の培養方法やスキル等についても、病院による差異が出てくると考えられます。この点についても、病院を選択する際に調べておいた方が良いでしょう。NK細胞療法を行う病院はまだ限られています。しかし選択肢は少なくもありません。治療費も一般的には気軽に出せる金額ではないので、後悔のないようしっかりと情報収集をしておきましょう。

仕組みを理解しましょう

NK細胞療法は、従来の手術法や抗がん剤治療、放射線治療とは根本的に異なる治療法と言えます。採取した血液中のNK(ナチュラルキラー)細胞を人工的に培養し増殖させ、それを生理食塩水に溶かし体内に戻す方法が一般的です。体内に存在する免疫細胞にはさまざまな種類があり、なかでもNK細胞はウィルス等の抗原を認識する過程を経ることなく、腫瘍細胞やウィルスに感染した細胞を攻撃し破壊することができる免疫細胞です。子供の頃には比較的多く存在していますが、加齢とともに減少してしまうため免疫は低下します。NK細胞療法は、この低下した免疫を上げ腫瘍細胞を破壊する力を上げることで治癒を目指す方法なので、抗がん剤治療などに比べ副作用が少ないのが特徴です。