放射線治療で難病もなんのその|心の底から安心できます

病棟

自然に近い治療方法

女の人

NK細胞療法は従来の抗がん剤治療や手術法とは異なり、人間が本来もつ免疫に関わる細胞を培養し増殖させ、体内に戻す治療法です。比較的新しく保険適用外の治療法のため、実施している病院により治療費やスキルに幅があります。情報収集をし慎重な病院選びをしましょう。

もっと読む

免疫力を高める治療

看護師

海外では、すでに正式な治療法として積極的に利用されている免疫治療は、免疫力が常時私たちのがん細胞を抑えてくれているという事実から研究が始まりました。この治療法は何よりも身体負担が少ないのが最大の特徴で、更に効果が持続するのが従来の治療法との大きな違いです。

もっと読む

転移や再発防止に最適

医者

免疫療法が今までの治療法と違う点として、効果が免疫細胞が体内に居続ける限り持続するという事が挙げられます。免疫療法の手段は長年の研究によって免疫力全体を底上げする方法から、よりがん細胞への攻撃力に特化した細胞を作る方法へとシフトしてきています。

もっと読む

効果が犠牲を上回る治療

女性

治療の流れ

放射線治療などの化学療法は、手術が難しい場合や抗がん剤と併用することで再発を予防するためなどに利用されています。女性特有の乳がんを例とした場合、通常は25回で全線量50グレイをかける方法がとられていますが、中にはブースト照射とよばれる一部分だけに追加して放射線をかける治療法が展開されています。こうすることによって、局所再発が3分の1程度に減少するデータも報告されています。放射線治療の流れとしては、初回にはシミュレーションが行われ、目印をマーカーで付けて照射位置が決められ、次回からは目印をもとに放射線治療がスタートします。治療計画は治療医が立てることが一般的で、実際に照射する医師は放射線技師が行うのも特徴の1つです。

がん細胞にダメージ

がんなどの手術が必要な病気の場合において、手術ができない場合、進行を抑える放射線治療が評価されています。切除不能のがんに対する治療方法の1つで、特に女性特有の乳がんに対しても放射線を照射して、顕微鏡レベルのがん細胞へダメージを与えることができる点で人気の高い治療です。高エネルギーを乳房にかけ、乳房の中に残された可能性のあるがん細胞に働きかけますが、何よりも乳がんは放射線治療が効果的であるのが魅力に繋がっています。放射線によってがんは活力を失い、増殖する力もなくなり、局所再発を防ぐことに繋がります。現在の外科手術の主流は乳房温存手術ですが、この場合にも放射線治療が重要視されており、美容の見た目を意識したい女性にとって再発リスクが少ない治療は評価が高まっています。心の底から安心できるでしょう。